記事一覧

第11話「リベンジ達成編」

道を間違えるようなところはなく、前回は「どこで道を間違えたか」を知ることはありませんでした。



通常の心理状態であれば遭難するようなルートではないということだと思います。




目次

丹沢三峰縦走

丹沢三峰縦走は、「宮ヶ瀬→丹沢山→塔ノ岳→大倉」の順路がよいと思います。



今回は、体力がある序盤にヤマビルの巣窟を攻略できたことがよかったです。

丹沢三峰縦走の難関は、ヤマビルの巣窟がある「宮ヶ瀬→丹沢山」の標高の低い部分です。

難易度を下げたい場合、時期を考慮するべきでしょう。

丹沢のヤマビル活動開始時期は年によって誤差があると思いますが、「4月下旬~5月上旬」あたりだと思われます。

おそらく前回の遭難山行の時、ヤマビルは活動していなかったと思います。

登山道に雪があるところもありましたし気温も低かったので、ヤマビル活動時期でなかったことは明らかでしょう。

前回はヤマビルに吸血された痕跡も感触も全くありませんでしたが、ヤマビル活動時期に遭難していたら生き地獄だったでしょう。

さらなる錯乱と異常行動をしていたことは、間違いないです。

前回はヤマビル活動時期に遭難しなかったことも、不幸中の幸いだったと思います。

丹沢三峰縦走をする場合、「3月下旬~4月上旬あたりが雪も少なく、ヤマビル活動時期にも該当しない」ので、オススメなのではないかと思います。

今回の梅雨の6月は、ヤマビルを考慮するとかなりの難易度だったのではないかと思います。



冬季丹沢は雪がほとんど積もらない年もあるようなので雪が少ない場合、十分に攻略可能だと思います。

しかし、ヤマビル活動時期のヤマビルの多さの攻略は容易でないでしょう。




2度目の丹沢山

前回の遭難山行以来、「2度目の丹沢山」に到着しました。



ヤマビルの影響で強制的に足が速くなったので、「宮ヶ瀬→丹沢山」をコースタイムのおよそ半分で到着しました。



「宮ヶ瀬→丹沢山」のコースタイムは5時間50分ですが、今回は3時間程度だったので時計を確認して驚いたことを覚えています。




丹沢山に到着した時の達成感は凄く、「こんなに達成感を感じたことはこれまでにあったのか?」と思うほどの達成感がありました。




ヤマビルの確認

丹沢山に到着して最初にやったことは、ヤマビルの確認です。



もしかしたらまだどこかにヤマビルがついているのではないかと、ここまで来る時にずっと思っていました。

念のため体中を手で払いザックも確認しましたが、ヤマビルは確認できませんでした。

ヤマビルに吸血された部分を確認すると、気分が悪くなってきました。

靴下に流れ出た血がついていたのを確認して、さらに気分が悪くなってきました。

もしかして丹沢山の山頂にもヤマビルがいるのではないかと思い始め、完全に「疑心暗鬼(ぎしんあんき)」になっていました。



疑心暗鬼(ぎしんあんき)



疑いの心があると、何でもないことでも怖いと思ったり疑わしく感じることのたとえ。

疑いの深さからあらぬ妄想にとらわれるたとえ。

疑いの心をもっていると、いもしない暗闇の亡霊が目に浮かんでくる意から。

出典:ぎしん-あんき【疑心暗鬼】- 四字熟語辞典「goo辞書」

周りを注意深く確認しましたが、ヤマビルを確認できなかったので少し安心しました。

完全にヤマビルの恐怖に支配されています。



少し休憩してから、再度歩き始めました。


丹沢山→塔ノ岳→大倉

「丹沢山→塔ノ岳→大倉」については特に急ぐこともなく、およそコースタイム通りの時間で歩きました。



「丹沢山→塔ノ岳→大倉」にヤマビルは、ほとんどいないような気がします。



見かけたという人もいるようですが、ワタクシは1度も見たことがありません。



「丹沢山→塔ノ岳→大倉」は昔からほとんどヤマビルがいなかったこともあるでしょうが、キレイに整備されていることによってヤマビルの活動が抑えられているのかもしれません。



「丹沢山→塔ノ岳→大倉」については、ヤマビルを恐れる必要はないと思います。




リベンジ達成

普通に歩いてゴールである大倉に到着しました。



体力的にも余裕がありましたが、今回は渋沢駅まで歩かずバスに乗って行きました。

渋沢駅まで歩いても楽しくないしバス代もそれほど高くないですが、余力がある人は渋沢駅まで歩いてみるのもアリだと思います。

こうして、「リベンジ達成」することができました!!



AIR/オープニングテーマ「鳥の詩」



まとめ

「はじめての丹沢登山」を読んで頂き、ありがとうございました。



遭難して登山を始めた人はほとんどいないと思いますが、「はじめての丹沢登山」を反面教師にして登山を楽しんでください。







加筆修正などを行うこともあると思いますが、よろしくお願いします。




「はじめての丹沢登山」は全て実話で、多少の脚色もありません。




はじめての丹沢登山「エンディングテーマ」

はじめての丹沢登山「エンディングテーマ」は、ヤマノススメ セカンドシーズン/エンディングテーマ「Cocoiro Rainbow」です。



ヤマノススメの主題歌では、「Cocoiro Rainbow」が1番好きな曲です♪




晴れた日も♪雨の日も♪しあわせだったら♪天気予報はいらないね♪



12色パレットじゃ描けない世界♪心に焼きついてるよ♪




ヤマノススメ セカンドシーズン/エンディングテーマ「Cocoiro Rainbow」


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事



あとがき「登山の1番の楽しみは死ぬかもしれないところ」
第11話「リベンジ達成編」
第10話「丹沢の悪魔編」
第9話「リベンジ開始の幕開け編」
第8話「登山用品と足慣らし登山編」
第7話「遭難者、帰路につく編」
第6話「ヒッチハイクとキャンプ場編」
第5話「新しい朝が来た編」
第4話「遭難編」
第3話「下山開始からの道迷い編」
第2話「塔ノ岳と丹沢山編」
第1話「出発と登山開始編」