記事一覧

第1話「出発と登山開始編」

インターネットで神奈川県の北西部に「丹沢と呼ばれる山域」があることを知り、なんとなく行ってみようと思いました。



完全にお散歩感覚のノリでなので、詳しく調べませんでした。





目次

丹沢山地



丹沢山地(たんざわさんち)は、神奈川県北西部に広がる山地。

東西約40キロメートル、南北約20キロメートルに及び、神奈川県の面積の約6分の1を占める。


出典:丹沢登山 - 神奈川県ホームページ

秩父山地等と合わせて、関東山地とも呼ばれる。

丹沢山地の大部分は、山岳公園として丹沢大山国定公園と神奈川県立丹沢大山自然公園に指定されている。

最高峰の蛭ヶ岳でも標高1673Mと標高では中級山岳程度であるが、尾根と谷沢が成す地形は複雑である。

登山口からの標高差が大きい山が多く(最も一般的な大倉尾根は標高差1200M)、地形が複雑なこと、東京都心部から行きやすく登山者が多いことなどから遭難者が多い。



出典:ウィキペディア(丹沢山地)

o(゚◇゚o)ホエ?

遭難者が多い?

これは?・・・どういうこと?

?チンプン?ヽ(゚◇。)ノ?カンプン?

(._. )( ・_・)(・_・ )( ・_・)アレ?

(゚ー゚?)(。_。?)(゚-゚?)(。_。?) アレ?アレレレレ???


遭難者が多い!!



出発

季節は、まだ肌寒い「🌸4月の第1土曜日🌸」です。



その年は、4月でも雪がありました。



丹沢に電車で行く場合は、「小田急線」を利用します。



小田急線に乗って、人間観察したり外の景色を眺めました。



小田急線「渋沢駅」で下車しました。




渋沢駅から登山口までバスがあるのですが、何を思ったか歩いて行くことにしました。




何を思ったかというか何と言いますか、バス代「210円(IC優先:206円)」をケチっただけですw



ハナヤマタ/オープニングテーマ「花ハ踊レヤいろはにほ」



装備



服装

ランニングシューズ、ジーパン、ジャージの上着、トレーナー、下着(Tシャツ、パンツ、靴下)

荷物

サイフ、ハンカチ、腕時計

登山開始

渋沢駅から登山口「大倉」までは想像していたより遠く、時間がかかりました。



渋沢駅から登山口「大倉」までは、およそ4キロです。

バスを利用すると、およそ18分かかります。

徒歩でバスの運行ルートを普通に歩くと、およそ1時間かかります。

私はバスの運行ルートよりも遠回りで歩いていたので、1時間以上はかかっていると思います。

歩く速度ものらりくらりとゆっくりだったので、1時間30分から2時間程度はかかっていると思います。


渋沢駅に着いたのも遅い時間ですが、登山口まで歩いているので一般的な登山開始時間よりかなり遅い時間に登山口「大倉」に到着しました。




登山口「大倉」まで歩いてきたので、十分に準備運動が完了していました。



登山口「大倉」から登山開始です。



登山口「大倉」からの登山者は、それなりに多いです。



ほとんどの人は本格的な登山の装備をしているのに比べて、ワタクシの場違い感がハンパなく明らかに浮いた存在になっていました。



大倉尾根



大倉尾根(おおくらおね)とは、丹沢山地の塔ノ岳(1491M)から大倉(290M)に至る尾根である。

丹沢大山国定公園と神奈川県立丹沢大山自然公園に属す。

丹沢山地で最も登山者が多い尾根で、1年を通して登山者が絶えない。

この登山者の多さから登山道の裸地化が問題となっており、特に花立周辺では深刻化している。

「全長約7KM、標高差約1200M」で、だらだらとした長い登りが続くことから「バカ尾根」という別称もある。



出典:ウィキペディア(大倉尾根)

大倉尾根は、登りばかりで非常に疲れます。



大倉(290M)から塔ノ岳(1491M)は、「標高差1201M」です。



丹沢を低山だと思って、甘くみていたようです。



ワタクシは山歩きの体力がなく、年配の方にも普通に追い越されていきました。

みなさん、体力があるなと思いました。



途中から雪解けのためか、登山道がぬかるんで歩きにくい状態でした。



ランニングシューズには厳しい登山道で、新しいランニングシューズでしたが泥まみれで真っ茶色になりました。




木の棒

途中で「木の棒」を拾って、杖にして歩きました。



体力がなく、木の棒が無くては歩けない状況でした。

ひたすら無心で歩きます。




トレッキングポール

登山道具には、「トレッキングポール」というモノがあります。



トレッキングポールを使えば、足腰の負担が軽減されるとされています。



人間は2本足ですが、「トレッキングポール1本なら3本足」「トレッキングポール2本なら4本足」になるワケです。



足が多ければ自分の体重や荷物の重さがそれぞれの足に分散されるので、トレッキングポールを使えば足腰の負担が軽減されるということが容易に想像できると思います。




トレッキングポールの持ち方

通常時の持ち方。



下りでは、少し長めに持つ。



トレッキングポールに興味があれば、登山装備に追加してみてください。



荷物が重いほど、トレッキングポールの効果が実感できると思います。






はじめての丹沢登山「オープニングテーマ」

はじめての丹沢登山「オープニングテーマ」は、ヤマノススメ セカンドシーズン/オープニングテーマ「夏色プレゼント」です。



「はじめての丹沢登山」の季節は、春「4月」から初夏「6月」で春から夏につながっていくワケですからオープニングテーマにピッタリの曲です♪




夏色プレゼントの歌詞には何回か「わお!」が使われていて、「驚き、感動」が感じられる楽しい曲だと思います♪



w(゚o゚)wワオ!!



ヤマノススメ セカンドシーズン/オープニングテーマ「夏色プレゼント」



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事



あとがき「登山の1番の楽しみは死ぬかもしれないところ」
第11話「リベンジ達成編」
第10話「丹沢の悪魔編」
第9話「リベンジ開始の幕開け編」
第8話「登山用品と足慣らし登山編」
第7話「遭難者、帰路につく編」
第6話「ヒッチハイクとキャンプ場編」
第5話「新しい朝が来た編」
第4話「遭難編」
第3話「下山開始からの道迷い編」
第2話「塔ノ岳と丹沢山編」
第1話「出発と登山開始編」