記事一覧

はじめての丹沢登山

あとがき「登山の1番の楽しみは死ぬかもしれないところ」

「登山の楽しみ」とは、何でしょうか? 人によってイロイロあるでしょうが、つきつめていくと「💀登山の1番の楽しみは死ぬかもしれないところ💀」という結論に達します。 ワタクシは登山で死にかけたことが何度もありますが、最も死にかけたのが「はじめての丹沢登山」でキツイ洗礼を受けました。...

続きを読む

第11話「リベンジ達成編」

道を間違えるようなところはなく、前回は「どこで道を間違えたか」を知ることはありませんでした。 通常の心理状態であれば遭難するようなルートではないということだと思います。...

続きを読む

第10話「丹沢の悪魔編」

リベンジ登山の準備を整えて・・・ 位置について…(o_ _)oよーい (o- -)oドン!o(  ̄- ̄)??? プレイボール!! o(  ̄- ̄)???・・・o(  ̄- ̄)??? リベンジ登山スタートです。(ニッコリ 登山口にヤマビルが何とかと「注意書き」と「スプレー」が置いてありましたが・・・ 意味も分からず進みます・・・ (o- -)oドン!o(  ̄- ̄)??? この時、注意書きとスプレーの意味を全く理解し...

続きを読む

第9話「リベンジ開始の幕開け編」

丹沢三峰縦走は、「前回と逆の順路」のほうが確実だと判断しました。 仮にハプニングがあって遅くなったとしても、丹沢山まで行くことができれば確実に「リベンジ達成」する自信があったからです。 「宮ヶ瀬→丹沢山」が問題だからです。 問題のルートは、体力がある序盤に攻略しておきたかったのです。...

続きを読む

第8話「登山用品と足慣らし登山編」

遭難した丹沢に「リベンジ」したいと思いました。 リベンジとは、「復讐、仕返し、恨みをはらす、報復」などの意味です。 つまり、遭難した丹沢に懲りずに行こうというのです。 変態だーーー!!(ワタクシは変態ですw) 恐れを知らないワタクシです!! 「丹沢三峰縦走コース」に強くリベンジしたいと思いました。 どこで道を間違えたか知りたいと思いました。 この困難を乗り越えれば...

続きを読む

第7話「遭難者、帰路につく編」

ヒッチハイクをしないことにしたので、自動車が通っても何もアクションを起しません。 冷たい世の中デスから、ヒッチハイクするだけ無駄だったのです。 仕方ないでしょ?世界は残酷なんだから。 フラフラ歩いていると、大きな橋に辿りつきました。 気力と体力の限界の限界だったので、橋の欄干に寄りかかり胡坐をかいて地面を茫然と見つめて休憩しました。 橋の上なので風の通りがよく、冷たい風が...

続きを読む

第6話「ヒッチハイクとキャンプ場編」

久しぶりの道路に出ることができました。 「バス停か駅」まで辿り着ければ家に帰れるはずですが、体力の消費が激しくそこまでの体力があるかどうかが問題です。 どちらの方向に歩いていけば少ない距離で交通機関を利用できるのか全く分かりません。 大都会「神奈川県」なのに秘境に迷い込んだような感じです。 道路に出たのに「本当に神奈川県?」と疑いたくなるような山奥です。 実はこの場所...

続きを読む

第5話「新しい朝が来た編」

なんとか、朝を迎えることができました。 ラジオ体操の歌のように「新しい朝が来た」のです。 【初音ミク】ラジオ体操の歌(新しい朝が来た~~) 雨が降らなくて本当に助かりました。 「山の神」に感謝です。 この日の空は、今にも雨が降りそうな灰色の雲に覆われていました。...

続きを読む

第4話「遭難編」

山中で、孤独な夜を過ごすことになりました。 動いているときは大丈夫でしたが、動いていないと急激に寒くなってきました。 明日の朝まで、生きていられるか不安になってきました。 これが、いわゆるひとつの・・・ 「遭難」です。 幻覚と幻聴が酷いです。 かなり登山道から外れた場所ですが、誰か助けにきてくれないかと思いました。...

続きを読む

第3話「下山開始からの道迷い編」

15時を過ぎていたので、早く下山しなければならないと思いました。 4月の丹沢の日没時間は、およそ18時です。 「丹沢山→宮ヶ瀬」のコースタイムは、4時間15分です。 コースタイム通りに行けると仮定すると、15時から下山開始するとして下山できるのが19時15分ですが、これでは日没時間に間に合いません。 登山に必須である、暗闇を照らす「ヘッドライト」は当然持っていません。 体力的にもコースタイム...

続きを読む

第2話「塔ノ岳と丹沢山編」

かなり頑張って、丹沢で多くの登山者が訪れる「塔ノ岳(1491M)」に到着しました。 とても展望の良いところで、多くの登山者が休憩していました。 「トイレ」があるので、ここですませます。 しかし、手を洗うところがありません。 山小屋の人に「手を洗うところはありませんか?」と聞いてみると、「ないよ。水場はあるけど、ココから20分くらいかかるよ。」と言われました。 水場まで行くのも面...

続きを読む

第1話「出発と登山開始編」

インターネットで神奈川県の北西部に「丹沢と呼ばれる山域」があることを知り、なんとなく行ってみようと思いました。 完全にお散歩感覚のノリでなので、詳しく調べませんでした。...

続きを読む

最新記事



あとがき「登山の1番の楽しみは死ぬかもしれないところ」
第11話「リベンジ達成編」
第10話「丹沢の悪魔編」
第9話「リベンジ開始の幕開け編」
第8話「登山用品と足慣らし登山編」
第7話「遭難者、帰路につく編」
第6話「ヒッチハイクとキャンプ場編」
第5話「新しい朝が来た編」
第4話「遭難編」
第3話「下山開始からの道迷い編」
第2話「塔ノ岳と丹沢山編」
第1話「出発と登山開始編」